麻雀用語 や行


2017 人気オンライン麻雀ゲームランキングへ

     
スポンサード リンク

麻雀用語 【や】

ヤオ九牌(やおちゅーはい)

 

麻雀牌の老頭牌・字牌を合わせた13牌のこと。

一九字牌ともいう。

 

焼き鳥(やきとり)

 

半荘戦を通してお一度も和了れなかったプレイヤーが一定のペナルティを支払うルールのこと。

 

焼き豚(やきぶた)

 

最終局でまだ焼き鳥の者にロン和了りされたプレイヤーが一定のペナルティを支払うルールのこと。

 

役(やく)

 

和了り時の手牌の特定パターンや、和了り時の特定の状況のこと。難易度によって飜数が決められている。

 

役満(やくまん)

 

「役満貫」の略語。麻雀役の中で難易度が高く、点数も親48000点・子32000点と高く設定されている。

 

山(やま)

 

牌山の略語。主に王牌を除いたものを指す。壁牌(ビーパイ)とも。

 

山越し(やまごし)

 

広い意味で自分のツモを経た直後の状態のこと。上家が切った牌を見逃し下家・対面から和了ること「山越しで和了る」

 

闇聴(やみてん)

 

門前で聴牌して、リーチをかけないこと。別名黙聴(だまてん)

麻雀用語 【ゆ】

有効牌(ゆうこうはい)

 

広い意味で待ちや受け入れが広がる牌のこと。

狭い意味でシャンテン数が一つ下がるが受け入れが広がる牌。

 

指ローズ(ゆびろーず)

 

イカサマ。通しワザの一つで、指で示したサインによって卓内の相方に待ちや情報を教えること。

麻雀用語 【よ】

要牌(ようはい)

 

必要な牌のこと。重要であり、目指す手役のために必要な牌。

 

余剰牌(よじょうはい)

 

余り牌のこと。

 

からを持ってきた場合が余剰牌となり

 

を持ってきたらが余剰牌となる。

 

よれる

 

まっすぐに有効牌を持ってこないこと。「ツモがよれる・よれよれ・ヨレヅモ」とも。

 

四枚使い(よんまいつかい)

 

手牌に同じ牌(主に数牌)を使っていること。暗槓せずに暗刻・順子・雀頭に使用していること。

 

4ノコ(よんのこ)

 

配牌時に使用される言葉。サイコロが11の場合、対面は左4幢(トン)残して配牌を取り出すこと。

 

 

 

 

 

 

スポンサード リンク